2007年9月18日 (火)

体の変化

妊娠22週3日

おかげさまで、6ヵ月に入りました。

母子共に順調です。

その間、遊びに来てくださった人、メッセージをくださった人

本当にありがとう。

私はけっこう書くのが好きなほうで

それを仕事にしちゃってるくらいなのですが、

妊娠してからすっかりブログはさぼり気味。

それ以外に日記でつらつらメモっているかといえば

それもなく。

ここで、忘れないうちに書き留めておこうと思います。

心身の変化などを。


まず、

●妊娠発覚~5W・・・茶色のおりものが1Wほど続く。

体がぽかぽか。眠気あり。

●5W~15W・・・つわり期。妊娠を喜ぶ元気すら湧かず。

「たまごくらぶ」ほか育児書は読む気起こらず。ゴロゴロしながら松本清張ばかり読む。

ピーク時の2ヵ月ほどは一切料理せず。フルーツ愛好家となる。

仕事でPCを使うのが何よりしんどい。人と会うとまぎれるが、ちょっとのすきにムカムカやって来る。

体重が妊娠前より1キロ減。

●16W・・・明ける日が来るのかと思っていたつわりだが、ある日突然晴れる。

ただし夏バテで食欲は戻らず。

育児エッセイなど「前向きな」本を読みたくなる。

●20W・・・胎動らしきものを感じる。

母に指摘されて妊娠線ができていることに気づく。

●21W・・・食欲が戻ってきて、気づいたら妊娠前より4キロ増。

●22W・・・妊娠してから一番やる気がみなぎる。


おなかは日に日に大きくなる感じです。

きのうまでだいじょうぶだったワンピのウエストが今日はきつくなってたり。

お風呂で鏡に映すと、かえるみたい!って笑っちゃいます。

そんな体の変化がなんとも不思議でうれしく。

けど妊娠線、クリーム塗ってたのにな・・・。

| | コメント (46) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

つわり最終段階へ!?

妊娠14週2日

前回のブログから1カ月以上も空けてしまいました。

心配して遊びに来てくれた皆さま、ありがとう。

メッセージをいただいた方、一人ひとりお返事ができず申し訳ないのですが

ここで改めてお礼と報告をしたいと思います。

おかげさまで双子は元気に育ち、

私はつわりの最終章を迎えたかというこの頃です。

今日はちょっと気分がいいので、パソコンに向かってみようという次第。


先日、双子の妊婦さんに向けた母親学級に行って来ました。

このクラスがあるから、この病院に転院したという

ほんとにありがたいクラスです。

そこには双子妊婦さん総勢20人くらいが。

5カ月6カ月ともなると、もう本格的な妊婦さんしてて

7カ月になれば、単胎の妊婦さんの臨月並みになるそうです。

一人ひとり自己紹介などしたのですが、

思ったのは、30歳以上の大人な感じの人が多いな、ということ。

(ギャルっぽい人はいなかったという意味で)

それぞれ腰痛やおなかの張りなど心配を抱えながらも

それなりに解決してたり、どーんと構えていたりして

心強く思ったのでした。

私が一番気になったのは、自然分娩か帝王切開かということ。

双子のうち、先に生まれてくるほうの子が逆子じゃなければ

自然分娩は可能とのことだったのですが

病院によってはすべての双子が帝王切開と決めているところもあり・・・。

私の実家近くの病院がまさにこの予定帝王切開なんです。

一方、今通ってる病院は、あくまで状況を見ながら

最終的な判断を下すとのこと。

双子妊婦のクラスに参加して

この病院で産めたらどんなに安心だろう

とつくづく思ったのですが、出産後の子育てを考えると

現実的ではないわけで。

夏休みは産院めぐりの里帰りをしようと思います。


そうそう、双子のママさんて、

右と左のおっぱいで同時授乳するんですよ。

そのクラスに、あらゆる角度から撮った写真が何枚もあって

目が釘付けでした。

しかも、かな~り大きな乳房を持つママさんで・・・。

まあ、そのために二つの乳房があるともいえるし。

母はたくましと感慨を深くしたのでした。

けど、タケくんが見たらちょっと引いちゃうかもね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

つわりは神の贈りもの?

妊娠8週0日

おかげさまで、わがおなかの双子は順調に育っているようです。

先週のエコーで、10ミリと8ミリの、まだ人の形とは言いがたい

まるまった影が見えました。

心臓あたりもチカチカと動いているのを確認できました。

もらってきたエコーの写真を穴の空くほど眺めながら

おなかをさする日々です。


それにしても、つわりはあなどれるものじゃありません。

治療中は、つわりなんて憧れのまた憧れでしたが

眠りに落ちている時以外は、

ずっと吐き気と共にいなきゃいけないというのは

風邪でも二日酔いでも車酔いでも

これまで経験したことのないものでした。

大好きだったローズヒップティーをはじめとするお茶類、

白米、黒酢もずく、焼いたほたてを受けつけなくなりました。

何より果物やフレッシュジュースが美味しく

朝はシリアル&ミルクという新習慣もできました。

ごろごろ寝転がってるのが一番ラクで、

ネットサーフィンが一番つらいことになってしまいました。


そんなある日、朝から気分がスッキリ晴れ渡っていたことが

あったんです。

あ、このさわやかさ久しぶり、みたいな。

すると同時に、おなかの赤ちゃんはだいじょうぶだろうか

という不安が押し寄せてきました。

どうやら私は赤ちゃんの成長をつわることで確認していたようです。

つわりは苦しいけど、妊婦に余計な不安を抱かせないための

天が与えた仕組みなのかもって思ってしまいました。

その時から、つわりで苦しむこと=幸せ

と思うようになりました。でもさすがにまいるけど。

双子はつわりも重いというし。

双子の母はより強くなれってこと?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

ふたつの胎のう確認

妊娠5週5日

5週2日の火曜日、判定後の初の診察がありました。

エコーで見てもらうと、

なんと胎のうがふたつ映ってました。

ふたつの受精卵を戻したからふたつの可能性は考えられたものの

本当にふたつとも着床してくれたなんて!

一瞬だけ「双子、どうしよう」と思いましたが、

次の瞬間には

どんなリスクがあろうとも

ちゃんと出産して育ててみせる

という根拠のない(?)自信に変わりました。

診察の前はちゃんとおなかにいてくれるだろうかって

不安が大きかったのですが

双子とわかったとたん、急に強くなった気がしました。

注射の時、看護婦さんがエコーの写真を見て

(2枚の写真中、1枚にふたつの胎のうが、もう1枚にひとつの胎のうが映っている)

「えっ、三つ子ちゃん?」

と言った時はさすがに動揺しましたが。

それでも、もしかしたら一方の胎のうにふたつの赤ちゃんがいる

可能性もないわけではなく。

タケに双子のことを伝えると、

「双子だという気がしてた」と言うのです。

聞けば、夜トイレに起きた時、2時22分だった、

次に時計を見た時、2時54分(双子よ)だったと・・・。

エコーの前にちゃんと教えてくれてたんですね^^


体調は、軽い吐き気のようなものが始終あります。

仕事で人と会っている時はすこぶる元気なのですが、

家にいるとだるだるで料理する気になれず

タケには自分でパスタをゆでて食べてもらってます。

スーパーの買い物もそろそろつらくなってきました。

ネット宅配の出番かな。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

妊娠のためにやったこと

妊娠5週0日

おなかにベビーがいることが判明してから5日経ちます。

体の変化としては、

37℃越えが続き(判定日3日前から)

電車に乗ってもカフェに行ってもクリニックにいても

すぐ寒くなってしまいます。

(私の体温だけのせいじゃない?)

あと、薬のせいもあるかもしれないけど

やたら眠くて、朝ごはん食べてまた寝てみたり

午後まるまる寝てみたり、

それでもしっかり夜は寝られます。

下腹部がなんとなく張るような感じはあるものの

痛みというほどのものはなく

体は穏やかに過ごしています。

心は・・・。

やはり、ちゃんとおなかで成長してくれるだろうかという

不安がどうしても押し寄せてきてしまって。

そんな時、ネットでステキな言葉をみつけました。

「不安に打ち勝つのも強いママになる準備」

というもの。

ああ・・・

世の中のママさんたちは、少なからず不安に打ち勝ってきたんだ。

私の母も、みんな。

そう思うと、気弱になってどうするとパワーが出てくるのでした。


ともかくも、こうして受胎することができた。

このために、移植の日までにやってきたことを記しておきます。

・鍼灸に1カ月に1~2回のペースで、移植の3日前にも通った。3日前のは全身マッサージ付きで。鍼灸師さんに治療の話をざっくばらんにできたのもよかった

・サウンドヒーリングという音波(音楽の振動)を使って心や体を癒すサロンに行き、子宮付近に音波を当てた。これは移植の10日ほど前に一度だけ。

・ウェストが何cm細くなると何%妊娠率が高まるという話を聞き、下腹部シェイプのためにバランスボールを買った。パソコンする時はいつもバランスボールに座ってゆらゆら

・自転車のパンクをあえて直さず、毎日の買い物はひたすら歩くように

・ドクターの指示で、マルチビタミンと葉酸のサプリを毎日一粒ずつ

・ローズヒップティー、ルイボスティーをよく飲んでいる。今も。鍼灸のサロンで買ったラズベリーリーフティーは子宮まわりの筋肉を強くするらしく、移植前にたびたび飲んだ

・昨年9月から子宝草を育てている。2つの鉢で育てており、種(?)が落ちて生えてきた小さな芽はせっせと抜いていたが、ここ1~2カ月は抜かずにいっぱい育てている。鉢も増やす予定

こんなところでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

不妊治療 | 妊娠 | 旅行・地域