« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月10日 (日)

つわりは神の贈りもの?

妊娠8週0日

おかげさまで、わがおなかの双子は順調に育っているようです。

先週のエコーで、10ミリと8ミリの、まだ人の形とは言いがたい

まるまった影が見えました。

心臓あたりもチカチカと動いているのを確認できました。

もらってきたエコーの写真を穴の空くほど眺めながら

おなかをさする日々です。


それにしても、つわりはあなどれるものじゃありません。

治療中は、つわりなんて憧れのまた憧れでしたが

眠りに落ちている時以外は、

ずっと吐き気と共にいなきゃいけないというのは

風邪でも二日酔いでも車酔いでも

これまで経験したことのないものでした。

大好きだったローズヒップティーをはじめとするお茶類、

白米、黒酢もずく、焼いたほたてを受けつけなくなりました。

何より果物やフレッシュジュースが美味しく

朝はシリアル&ミルクという新習慣もできました。

ごろごろ寝転がってるのが一番ラクで、

ネットサーフィンが一番つらいことになってしまいました。


そんなある日、朝から気分がスッキリ晴れ渡っていたことが

あったんです。

あ、このさわやかさ久しぶり、みたいな。

すると同時に、おなかの赤ちゃんはだいじょうぶだろうか

という不安が押し寄せてきました。

どうやら私は赤ちゃんの成長をつわることで確認していたようです。

つわりは苦しいけど、妊婦に余計な不安を抱かせないための

天が与えた仕組みなのかもって思ってしまいました。

その時から、つわりで苦しむこと=幸せ

と思うようになりました。でもさすがにまいるけど。

双子はつわりも重いというし。

双子の母はより強くなれってこと?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »